ロングスカートであわや大惨事!!巻き込まない自転車の乗り方で危険を回避!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

ロングスカートで自転車に乗ると、

裾を巻き込んでしまわないか心配ですね。

気を付けないと、スカートが破れたり、

転倒してしまう危険もあります。

やっぱり、自転車に乗る時は、ロングスカートは避けるべき?

と思いますよね。

でも実は、ロングスカートを履いていても、

裾を巻き込まない安全な乗り方があるんですよ!

今回は、ロングスカートでも自転車を乗りこなす方法を紹介します。

ロングスカートの巻き込み防止!自転車に乗る時はコレで対策!

スポンサーリンク

ロングスカートやマキシワンピースなどを着ている時、

が心配ですよね。

実際に、車輪に巻き込んでスカートを破いてしまった、

という事例もあるんです。

思わぬ転倒などの原因にもなるので、

丈の長いスカートをはいて自転車に乗るのは、

かなり危険なんですよね。

でも、ちょっと工夫をすれば、ロングスカートでも、

安全に自転車に乗る方法が出来るんです!

その工夫とは、クリップなどを使って、

股の下辺りでスカートの裾を挟み、

キュロット状にしてしまうこと。

これなら裾の広がりを抑えられるので、

巻き込み防止になりますよ。

洗濯バサミや髪を留めておくダッカールクリップでも良いですが、

おすすめなのは、こちらのドレスクリップ。

http://www.ipistyle.com/nomonro.html

見た目もおしゃれだし、使い道が色々なので、

一つ持ち歩いていると良いかも知れませんね!

もしくは、自転車の車輪に、

巻き込み防止用のドレスガードを付けておく、

という方法もありますよ。

でも、ロングスカートの場合だと、ドレスガードをしていても、

カバーされていない部分から裾を巻き込んでしまうこともあるんです。

そのため、やっぱりクリップで留めておくのが安全ですね。

ロングスカートなのにドレスクリップが無い!安全に自転車に乗るコツってあるの?

手元にクリップなど、裾を留めておけるようなものがなかった場合は、

輪ゴムで裾を縛って、たくし上げておく、

という方法もありますが、足を露出してしまうことになるので、

見た目があまりよろしくありません。

しかも、輪ゴムでまとめてしまうと、

スカートの裾がしわくちゃになってしまうこともあるんですよね。

もしくは、裾をたくし上げて、サドルとお尻で挟む、

という方法もありますよ。

あとは、ロングスカートをはいている時は、

なるべくゆっくり漕ぐこと。

そうすれば、裾が巻き込まれにくいです。

でも、なるべくクリップが手元にない時は、

自転車に乗らない方が良いですね。

裾を巻き込んで汚してしまうし、

事故にも繋がりかねません。

ロングスカートで自転車に乗りたいのでしたら、

バッグにクリップや洗濯バサミを忍ばせておくようにしましょう。

まとめ

ロングスカートで自転車に乗る場合は、

巻き込み防止のために、クリップなどで、

裾を留めて、キュロットみたいな形にしていましましょう。

これで裾がひらひらしないので、

巻き込みにくくなりますよ!

最近はおしゃれなドレスクリップがあるので、

見た目も気にせずに自転車に安心して乗れます。

手元にクリップがないのでしたら、裾をたくし上げて縛ったり、

サドルとお尻で裾を挟んでおくようにしましょう。

あとは、なるべくゆっくり自転車を漕ぐこと。

裾が上手く広がらないようにして乗れば、

巻き込まれる心配もないですよ。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク