ロングコート向けの自転車の乗り方は存在しない!?(クロスバイクver.)

アドセンス本文上

スポンサーリンク

冬にロングコートを着た状態で自転車に乗るのって、

かなり危険なんです。

裾が巻き込まれるし、汚れてしまうだけでなく、

乗っている間に暑くなってきてしまいますよ。

やっぱりロングコートを着て自転車に乗るなんて、

無理な話なんでしょうか?

今回は、自転車に乗る時にロングコートは避けるべきか否か、

解説していきます。

冬なのに暑い!!ロングコートでクロスバイクは無謀だった!?

基本的に自転車に乗る時は、

ロングスカートやロングコートなど、

裾が長くて広がる衣類は着ない方が安全です。

裾が長くて広がると、車輪に巻き込まれてしまったり、

事故やケガにも繋がってしまうんですよ。

特に、スピードの出るクロスバイクに乗っているのでしたら、

服装は動きやすいものにしておくのが良いでしょう。

出来れば、自転車に乗るのなら、

ロングコートは避けた方が安全ですよ。

また、クロスバイクに限らず、自転車に乗っていると、

冬でも暑くなることが多いため、

コートはなるべく通気性の良いものがおすすめ。

ロングコートだとすぐに暑くなるので、

漕でいる時に大変なんです。

ロングコートを着て自転車に乗るのは、

危ないし暑くなるし、しかも漕ぎにくいので、

出来ればやめておきましょう。

自転車、特にクロスバイクに乗る時は、

動きやすくて、暑くなっても汗で蒸れない服装

たとえば、ムレにくい高機能なダウンコートなどがおすすめです。

無理して乗ったら…ロングコートに自転車のオイル汚れ!諦めるしかない?

ロングコートを着たまま自転車に乗ってしまうと、

裾がタイヤやギア、チェーンと絡まって、

汚れてしまうことがあります。

普通の土汚れでしたら、濡れた布などで拭き取れば、

どうにかキレイになりますが、

問題は自転車のオイル汚れが付いた時。

普通の衣類用洗剤などでも、なかなか落ちないんですよね。

そんな時は、クレンジングオイルを使ってみましょう。

化粧落としに使うようなものです。

まず、オイルで汚れた部分の生地の下に、

タオルを敷いておきます。

次に、クレンジングオイルに中性洗剤を同量混ぜて、

オイルで汚れた部分に染み込ませてください。

そして、汚れた部分を歯ブラシで叩いていきましょう。

すると、汚れがコートから落ちて、

タオルに移すことが出来ます。

あとは、固く絞った濡れタオルなどで生地をよく叩いて、

クレンジングや洗剤を落としてみてください。

これである程度は、自転車のオイル汚れも落とせますよ。

ただし、この方法だと、コートの素材によっては、

生地を傷めてしまったり、色落ちしてしまう可能性もあります。

また、汚れた範囲が広い場合は、

クレンジングでもなかなか落とすことが出来ないので、

汚れがひどい時は、クリーニングに出してしまいましょう。

その方が生地を傷める心配もなく、

汚れを落とせますよ。

でも、汚れ度合によっては、クリーニングに出しても、

元通りになるとは限りません。

コートを汚さないためにも、

自転車に乗る時は、短い丈のものを着てくださいね。

 

まとめ

ロングコートで自転車に乗ると、

裾が絡まって事故やケガの原因になるだけでなく、

オイルで汚れてしまうし、何より暑くなって蒸れてしまいます。

自転車は身軽な服装で乗るようにして、

通気性の良いダウンなどの防寒着を羽織るようにしましょう。

もしコートの裾にオイル汚れが付いてしまったら、

クレンジングを使えばある程度は落とせますが、

生地を傷めてしまうので、クリーニングに出した方が無難です。

でもやっぱり、ロングコートは自転車に適していないので、

なるべく着ないようにするのが一番ですよ。

こちらも読まれています。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク