包丁が折れそう…固いかぼちゃの切り方とコツは形にあった!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

カボチャって、皮が硬くてなかなか切れませんよね。

あまり力が強くない女性にとっては、

半分にカットするだけでも一苦労。

でも、そんな硬くて大変なカボチャも、

コツさえ掴んでしまえば、意外と簡単に切ることが出来るんですよ!

今回は、カボチャを簡単に切るコツを紹介します。

コレすれば力がなくても安心!かぼちゃの楽な切り方はレンジでチン!

カボチャを切りやすくするためには、

まずは電子レンジでチンしましょう。

まず、カボチャ丸ごとをよく水で洗います。

そして、濡れたまま耐熱皿にのせてください。

あとは、レンジに入れて加熱するだけ。

500Wのレンジで3~4分ほどチンすればOK!

レンジでチンすると、カボチャの皮が柔らかくなるので、

切りやすくなるんですよ。

もっと切りやすくするためには、

温めたカボチャのヘタをスプーンで取り除きましょう。

ヘタ周りにスプーンを差し込んで、

グルッと一周させれば、上手く取り除けます。

あとは普通に包丁を入れれば、簡単にスッと半分に切れますよ。

半分に切ったら、ワタや種はしっかり取っておきましょう。

これであとは煮物やてんぷらなど、

使いたい大きさにカットしていってくださいね。

ちなみに、既に半分になっているカボチャを買ってきた場合も、

レンジでチンすることで、切りやすくなります。

半分になっているカボチャは、

スプーンでワタや種をくり抜いたら、

水で濡らして耐熱皿にのせます。

そして、ラップをふんわりとかぶせたら、

1~2分レンジで温めましょう。

そうすれば、皮が柔らかくなるので、

切りやすくなりますよ。

かぼちゃを美味しく食べられる切り方-バーベキュー編

バーベキューでカボチャを焼く時に最適な切り方を紹介します。

まずはカボチャをチンして柔らかくしたらヘタを取り、

1/4にカットしましょう。

既に半分にカットされているカボチャなら、

更にもう半分にカットすればOKです。

そして、種とワタを取ったら、

次は弓形にカットしていきましょう。

だいたい、0.5cm~0.7cmくらいの薄さにスライスするのが良いですね。

皮はスライスしてから剥くとやりやすいですよ。

カボチャってバーベキューで焼くと、

なかなか火が通りにくいですよね。

でも、予めレンジでチンしておけば、

表面は焦げているのに中がまだ生焼け、

ということもなくなりますよ。

カットするのも簡単になるし、焼きムラがなくなるので、

カボチャは必ずレンジでチンして持って行くと楽ですよ!

ちなみに我が家主催でバーベキューを主催したときは、

子どもたちのおなかが減っていてグダグダされるのが悩みのタネ・・・。

子どもが6人以上いたりするとすごい状態に・・・。

レンチンしたかぼちゃはすぐ焼いて食べられるようになるので

まずかぼちゃを焼いて、配布します。

その後、やきそばを焼いて子どもに与えた後に肉などを焼きました。

鉄板の処理はささっと水を含ませたキッチンペーパーで処理。

そうすることで最後に焼きそばが残る・・・

なんていうありがちなこともなくなるので、

かぼちゃ⇒焼きそば⇒その他肉など

という順番で仕切ることが多いですね。

よろしければ試してみてくださいね!

まとめ

カボチャを簡単に切るコツは、電子レンジでチンすること。

丸ごとのカボチャを水洗いしたら、

3~4分ほど加熱しましょう。

すると皮が柔らかくなるので、

包丁も簡単に入りますよ!

 

半分になっているカボチャも、

1~2分レンジでチンすれば、カットしやすくなります。

また、バーベキューでカボチャを焼く場合も、

予めレンジで加熱しておくと、切りやすいだけでなく、

焼きムラがなくなるので、美味しく食べられるんです!

カボチャは皮ごと加熱してしまえば、

女性でも簡単にカットできるので、ぜひ試してみてください!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク