マンションの騒音苦情は手紙を入れるべき?有効的な対処法のご紹介

アドセンス本文上

スポンサーリンク

様々な人が一緒に生活するマンション。

周囲の人や環境によっては、

とてもうるさいこともありますよね。

うちも家族が入居できるタイプのため、

夫婦二人だけだから、

小学生のお子さんがいる人もいるため、

様々な音が聞こえてきます。

騒音は人それぞれ感じ方が違うため、

土日の騒音が気になる方や、

夜間の騒音が気になる方、

足音が気になる方や

声が気になる方と様々です。

いずれにしても、

休みの日にゆっくりできないのは困るので、

何とかしたいですよね。

今回は、

マンションの騒音に困っているあなたに向けて、

苦情を入れる際の有効的な対処方法について

お話していきます。

マンションの騒音で警察が動いてくれるのはどんなとき?

あまりに騒音がひどすぎると、

警察を呼ぼうかなと思うこともあると思います。

でも、警察を呼ぶとなった時に、

自分が気にしすぎかもしれないなどと

考えてしまう人もいるかと思います。

環境省では、住居において

日中は55デシベル以上

夜間は45デシベル以上

騒音と定義しています。

目安としては、

55デシベルはトイレの洗浄音や

洗濯機のそばにいる時の音、

45デシベルは換気扇のそばや

扇風機などの音になります。

騒音だと確信したら電話してみましょう。

この時に近くの警察署ではなく

110番に連絡した方が動いてくれます。

騒音で困っていることを伝えると、

発生源の場所通報者の名前などを

聞かれます。

名前は匿名でも大丈夫です。

あとは、騒音を出しているところへの指導を

警察が行ってくれるので、

お任せしておけば大丈夫です。

でも、これを読んでいる方には、

警察を呼ぶまで大事にしたくないという方も

見えるのではないでしょうか。

そんな方に、

警察を呼ぶ前に出来る対処法を

次でご紹介します。

マンションの騒音に対して有効的な対策とは?

騒音に対して出来ることを

行っていきましょう。

先ずは、情報を整理していきます。

騒音のあった時間や、

騒音の内容、どのくらい続いたかなどを

時系列でメモにしていきます。

必要であれば、

ICレコーダーなどで証拠として残しておくのも

良いでしょう。

次に、管理会社に連絡をします。

仲介業者ではなく、

管理会社に連絡をしてください。

管理会社に騒音に対する情報を伝えます。

状況によっては、

1度では動いてくれない

管理会社もあります。

何度も伝えてみましょう。

ここで危険なのは、

騒音を出している人に

直接手紙を入れたり、

苦情を言ったりすることです。

更に騒音がひどくなることもありますし、

何が起こるか分かりません。

場合によっては

迷惑行為として管理会社に言われて、

退去処分になった方もいます。

苦情を入れる際には、

管理会社や大家さん、警察など

第三者を間に入れることを

おすすめします。

まとめ

今回はマンションでの騒音に出来る

対処法についてお話ししました。

様々な人が入居する所ですので、

生活音は多少我慢する必要はあるかと思います。

でも、自分の身体や精神を病んでまで

悩む必要もありません。

必要であれば、

改善してもらえるように

上手く申し入れをして、

お互いに快適に過ごしたいですよね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク