盛り上がって失敗0%!?手作りたこ焼きに必要な材料と作り方!!

アドセンス本文上

スポンサーリンク

自宅でたこ焼きパーティーをする時、

スタンダードなものばかりじゃ面白くないので、

ちょっとアレンジしたもの

作ってみませんか?

今回は、たこ焼きパーティーを

予定している人必見、

失敗しないたこ焼きの作り方と、

アレンジの方法を紹介します。

友達や家族で

ワイワイ盛り上がりながら、

絶品のたこ焼きを

作ってみてくださいね!

たこ焼きの基本的作り方と、パーティーに必須の材料とは?

まずは、たこ焼きの正しい作り方と、

必要な材料を紹介します。

・材料(たこ焼き20個分)

たこ焼きパーティーをする時は、

以下の材料を揃えましょう。

たこ焼き粉…100g、茹でだこ…40g、

長ネギ…1本、卵…1個、紅ショウガ…適量、

天かす…30g、水orだし汁…300cc、

たこ焼き用ソース…適量、

マヨネーズ…適量、青のり…適量、

カツオ節…適量。

作る量に合わせて、

分量も変えていってくださいね。

あとは、たこ焼きプレートと竹串、

ボウル、お玉、泡だて器があればOKです。

・作り方

1.たこを5cmくらいにカット。

長ネギと紅ショウガも粗みじん切りにしておきます。

2.ボウルに卵を割り、溶いていたら水を加えてよく混ぜます。

たこ焼き粉は一度に全部入れないで、

2~3回に分けてボウルに入れると、

材料がよく混ざりますよ。

3.たこ焼きプレートを200℃に温めて、

油を多めにひいていきます。

そして、

生地を穴に注いでいきましょう。

4.生地を流し込んだら、

すぐにたこを一つ一つの穴に入れていき、

続いて、天かすとネギ、紅ショウガも

散らしていきます。

5.約1分経ったら、素早く竹串で、

生地をひっくり返していきましょう。

なるべく肩の力を抜いて、

手首で返すようにすると、

上手くひっくり返せますよ。

6.あとは休まず生地をくるくると

全体を回して焼いていきます。

表面がこんがりきつね色になったら完成。

器に盛って、ソースや青のり、

マヨネーズ、カツオ節などをかけて

食べましょう。

基本的な作り方は簡単ですが、

難所はひっくり返すところですね。

上手なひっくり返し方の動画を

貼っておきますので、

作る時に参考にしてみてください!

https://www.youtube.com/watch?v=_tmyqOUVUzA

これでたこ焼きマスター!?材料をアレンジするだけで驚きの連続が!

スタンダードなたこ焼きも

十分美味しいですが、

せっかくなので、

色んな材料も加えて、

アレンジしてみては

どうでしょうか?

では、アレンジたこ焼きに

おすすめの食材を紹介します。

・ピザ用チーズ

トッピングにしてもいいですが、

紅ショウガや天かすと一緒に、

たこ焼きの中に入れてみましょう。

食べると、

中のチーズがトロっととろけて、

すごく美味しいですよ!

ピザ用チーズではなく、

1.5cmくらいにカットした、

チェダーチーズやカマンベールを

入れるのもおすすめ。

・厚切りベーコン

たこの代わりに、

炒めた厚切りベーコンを入れてみましょう。

パンチの効いた味になりますよ!

ビールのおつまみにも最適かも!?

・たこ以外の魚介

たこの代わりにボイルしたイカやエビ、

ホタテなどを入れてみるのも良いですね。

まるで海鮮お好み焼きみたいになるし、

たことは違う食感が楽しめますよ。

・プチトマト

女性が多いたこ焼きパーティーなら、

プチトマトなど野菜を入れて、

ちょっとヘルシー志向にしてみませんか?

この他に、

カキフライや唐揚げなどの揚物、

ベビースター、キムチ、明太子などを

入れてみてはどうでしょうか?

味の保障は出来ないけれど、

色んなお菓子や食材を入れてみると、

意外な発見があるものですよ!

ただし、あまりにも美味しくない

たこ焼きを作り過ぎて、

食べ残してしまわないように

気を付けましょうね。

まとめ

たこ焼きを作る時は、

溶き卵と水を混ぜてから、

2~3回に分けて粉を入れましょう。

そうすれば生地がよく混ざりますよ!

たこ焼きをひっくり返す時は、

肩の力を抜いて、

手首でくるっと回していくのがコツです。

スタンダードな味に飽きたら、

色んな食べ物を入れてみて、

斬新なたこ焼きを作ってみましょう!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク