布団に天気は関係ない!?布団を干すと得られる効果って?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

布団を干したいな、と思っていても、

天気が晴れでないと、そうもいかないですよね。

ところが意外にも、布団を室内干ししても、

干し方によっては

十分に湿気を取り除けるのですよ!

今回は、布団を室内干しにする時の

正しい方法を紹介していきます。

布団干しに大切なのは湿度のコントロールだった!?

布団って、晴れた日に外で干して、

日光をよく当てたいですよね。

でも、連日曇り空で晴れの日がないと、

外で干せなくなってしまいます。

こんな時はやっぱり晴れるまで、

布団を干すのを我慢すべきでしょうか?

実は、我慢する必要はありません。

例え快晴でなくても、湿度が低いのなら

布団を干すことは出来ますよ。

そもそも、布団を干す目的とは、

布団を乾かすため。

人間は寝ている間に、

最低でもコップ1杯分の汗をかいているので、

布団を干すことで、

汗による湿気を乾かす必要があります。

湿気を飛ばすのが目的なら、

別に天気が快晴でなくても、

何ら問題はないですね。

さすがに雨の日だと外干し出来ませんが、

曇っているけれど、湿度の少ない日だったら、

外に干しても大丈夫ですよ。

布団を干すのに最適な湿度の目安は

40%以下です。

曇っていても、湿度40%以下なら、

布団の湿気が取り除けてフワフワになるので、

夜は気持ちよく眠れるでしょう。

特に風がある日なら、

より早く布団の湿気を飛ばせますよ。

また、もし雨が降っているけれど、

布団を干したい場合は、

室内干しにしましょう。

その時、必ず部屋は

除湿器やエアコンのドライ機能などをつけて、

湿度を下げるようにしてくださいね。

扇風機を回して、風を当てるのもおすすめ。

布団乾燥機があるのなら、

それも使うようにしましょう

湿度が低い場所で干せば、

天気が悪くても、

布団の湿気を飛ばせますよ。

布団の干し方を工夫して室内でも最大の効果が得られる!?

室内で布団を干す場合は、湿度だけじゃなく、

干し方も工夫をしましょう。

最大のポイントは、

布団に風が通るようにすること。

当然ですが、ベッドや床に敷いたままでは、

布団は通気性が良くないですよね。

そこで折り畳みの物干し台などを使って、

室内干しをしましょう。

あとは、先ほども説明したように、

部屋の湿度を下げて、

扇風機も回して空気を循環させたり、

風を布団に当てるようにしていきます。

湿気が入ってくるのを防ぐために、

干す部屋の窓やドアは、

必ず閉めておきましょう。

だいたいこの方法で、

3~4時間ほど干しておけば完了です。

これだけでも、

天日干しした時ほどまでではありませんが、

布団の湿気がなくなって、

フワッとした状態になりますよ。

汗の臭いが気になる場合は、

布用の除菌スプレーをふきかけてから

干すようにしましょう。

ちなみに、天気は晴れだけれど、

花粉症の時期で外に布団を干せない、

という場合でも、

この干し方をすればOKです。

外が晴れている時は、窓際など、

布団を日当たりの良い場所に移動させて

干しておくと良いですよ。

部屋干しでも、干し方さえ工夫すれば、

布団がスッキリとするので、

梅雨でも気持ちよく眠れます。

まとめ

布団は日光も大事ですが、

湿度も重要です。

もし曇りの天気でも、

湿度が40%以下で風のある日なら、

外に干すことが出来ます。

湿気が飛ばせるので、

晴れていなくても効果が得られますよ。

部屋干しする時、物干し台を使い、

除湿器や扇風機などを稼働させて、

湿度を下げておきましょう。

湿度が低くて、通気性がよければ、

部屋干しでも布団が十分乾かせますよ!

天気が悪い日でも、ぜひ試してみてください!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク