肩こりに効果大!?スゴ技ストレッチを、自宅で寝ながら30秒!?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

突然ですが主婦の皆様、

肩こりに悩んでいませんか?

私ももれなく肩こりに日々悩んでいる一人です

育児と家事だけでも疲れて肩こりで辛いのに

更にパートで仕事もしていると、

なかなかゆっくりできませんよね

マッサージや整体に通えたら気持ちが良いし、

一気に体が楽になるけれど

実際は時間がなかったり、

お金がもったいなくて

ついガマンしがちになってしまいます

家に帰ったら

早く横になりたい!ゴロゴロしたい!

と思ってしまいますよね

寝ながら簡単にストレッチができて

肩こりが解消されるとしたら

少しやってみたいと思いませんか?

今日は寝ながら誰でもできる

簡単ストレッチについてご紹介いたします

つらい肩こりを自分で治す!誰でもできる簡単ストレッチをご紹介

肩こりを治すストレッチは、

どの部分を伸ばすのが効果的でしょうか?

胸筋や脇の下の筋肉が、

緊張して凝り固まっていることで

肩こりになることがとても多いのです

ストレッチをする時には

胸筋や脇の下の筋肉を伸ばして

コリをほぐすことがポイントになります

このポイントを忘れずに、

次の2つのストレッチをやってみましょう!

1:肩を回すストレッチ

まずは横向きに寝ます

下側の腕は、顔の下に置いて枕がわりにすると

安定してストレッチがしやすくなります

上側の腕を伸ばし、

ゆっくりと大きく円を書くように回していきます

早く回すとしっかり伸びなくなるので

円のそれぞれの方向に伸ばすことを意識して回しましょう

先ほどのポイントを覚えていますか?

胸筋や脇の下の筋肉が一番伸びるのが

腕が後ろ側に伸びている時です

ゆっくりと静かに伸ばすことで

コリがほぐれ、肩こりを治すことにつながります

2:腕を体の後ろに伸ばすストレッチ

上で紹介した方法の

特に腕を後ろに伸ばす状態に特化した方法です

こちらも横向きに寝て、

手を枕にすることは同じです

上側の手をまっすぐ上に挙げ

手のひらは視線と同じ方向に向けます

ゆっくりと腕を後ろに倒し

軽く肘を曲げます

十分に伸びている状態になったら

そのまま30秒ほどストップします

こちらの方法は、上で紹介したストレッチよりも

より肩甲骨のコリに効果的なので

肩こりの他にも肩甲骨のコリに悩んでいる方は

合わせて是非試してみましょう

どちらのストレッチも寝ながら、

テレビを見ながらでも無理なくできるものです

テレビを見ながら肩こりを治すことができるなんて

本当に手軽で助かりますね

肩こりに効果大のストレッチ!「肩甲骨はがし」の方法を伝授!?

肩甲骨はがし」という言葉を

聞いたことがありますか?

はがす、と聞くと痛みが強そうなイメージがわくかもしれませんが

実際は肩甲骨の周りの筋肉を和らげるストレッチです

慢性的で頑固な肩こりや

肩甲骨のコリにとても効果的で

毎日少しずつ続けていくと

びっくりするほど肩こりがなくなるストレッチなのです

しかもこの「肩甲骨はがし」は

肩こりや肩甲骨のコリだけではなく

他にも嬉しい効果が現れる

魔法のようなストレッチです

例えば

猫背が改善する

肩甲骨の周りの筋肉がほぐれ、

胸を開きやすくなるため

正しい姿勢を取りやすく猫背が改善されます

フェイスラインが引き締まる

肩や肩甲骨がこって筋肉が緊張していると

なんと顔の筋肉まで引っ張られてしまい

顔がたるんでしまうのです

肩甲骨はがしをすると、コリがほぐれ

リンパや血行が良くなるのでむくみも取れ

フェイスラインを引き締めることにつながります

女性にとっては良いことだらけ肩甲骨はがしを

試してみたくなったのではないでしょうか?

早速、肩甲骨はがしのストレッチ方法をご紹介します

肩甲骨はがしは、残念ながら寝ながらではできません

起き上がって姿勢をまっすぐにして行いましょう

1:肩を前後、上下に動かしたり、回す方法

手を肩に置きます

右手は右肩に、左手は左肩に置きましょう

肘は体に対して垂直になっていることを

意識してストレッチを行います

このままの姿勢で、

ゆっくりと前後に5回ほど動かします

息は止めず、

自然にリラックスしながら呼吸しましょう

次に肩を上下に5回ほど動かします

この時もゆっくりと動かし

上に上げる際には痛みを感じない程度で

無理のないところまでにしましょう

最後にゆっくりと肩を回します

2:手を後ろで組み、上下左右に動かす方法

両手を後ろに伸ばし、手を組みます

そのままグーッと伸ばしてストレッチを行います

次にそのまま上にゆっくりと腕を上げていきます

コリが強い場合は痛みがあったり、

上に上げることが辛いことも多いので

無理のない程度に動かしましょう

手を後ろに組むだけで痛みがある場合には

このストレッチは行わないでくださいね

最後に、手を後ろに組んで

腕を下に下ろした状態で

ゆっくりと左右に動かします

以上です

肩甲骨はがしもとても手軽にできそうですね

今回ご紹介した方法で

是非辛い肩こりを解消していきましょう

ストレッチをする際に注意することは

無理のない程度に動かすことと

ゆっくりと動かし、

楽に呼吸をしながら行うことです

肩こりの状態が酷い場合だと

筋肉が凝り固まっているので、

腕をあげることすら辛い方も多いと思います

その時は、肩甲骨を意識して胸を開く動きや

腕を少し後ろに反らすストレッチなど

体に負担のない動きからはじめてみましょう

おわりに

あまりにも辛い時には

一度整体に行ってみるのも一つの手かもしれませんね

あなたの体調が良くなりますように!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク