乗り物酔いを覚ます!夏を2倍満喫する酔い覚ましの裏技

アドセンス本文上

スポンサーリンク

せっかくの夏休みでも、乗り物酔いしやすいと、

レジャーの楽しみも半減してしまいますよね。

でも実は、乗り物酔いをすぐに覚ます方法があるんですよ!

今回は、乗り物酔いしやすい人でも安心できる、

酔い覚ましの裏技を紹介します!

覚えておけば、レジャーも思いっきり楽しめますよ!

乗り物酔いがすぐに覚めたら・・あなたの悩み解決します!

スポンサーリンク

夏になると、車や電車、船などに乗って遠方にお出掛けしたり、

遊園地のジェットコースターなどに乗ったり、

レジャーを楽しむ人も多いですよね。

でもそんな時に困るのが、乗り物酔いして、

気持ち悪くなってしまうこと。

寝不足や空腹、体調不良、

そして車内のにおいなども乗り物酔いの原因といわれています。

また、三半規管(さんはんきかん)という、

耳の中にある器官が連続的な揺れに耐えられなくなり、

自律神経も乱れてしまうことによって、

めまいなど乗り物酔いの症状が現れてきます。

乗り物酔いすると、めまいから始まって、

頭痛がしたり、ひどくなると吐き気もしますよね。

せっかくのレジャーもこれじゃあ台無しです。

乗り物酔いしやすい人はそうならないためにも、

対策を覚えておくと良いですよ。

一瞬で乗り物酔いを覚ます裏技!これでもっと楽しいシーズンに!!

乗り物酔いしても、すぐに覚ませる裏技があるんです!

それは、氷をなめること。

冷たいものを口に含むと、

乗り物酔いで乱れてしまった自律神経のバランスが取れるので、

気持ち悪くなっても、割とすぐに治るんです!

遠出する時は、保冷性の高い水筒に氷水を入れて、

持って行くようにすると良いですよ。

ただし、氷を食べ過ぎるとお腹が冷えてしまうので、

いざというときの対処法にしておきましょう。

氷を口に含む意外だと、服の締め付けをゆるめたり

風を浴びる、座席を倒して楽な姿勢をとる、

遠くの空などを眺める、ガムを噛む、などでも酔いを覚ませます。

少しでも気分が悪くなったら、無理をせずに横になって寝る、

というのも効果的ですよ。

また、酔わないためにも、予防しておくようにしましょう。

もちろん、酔い止めの薬を飲んでおくこともおすすめですが、

人によっては、あまり薬が効かない、という場合もありますよね。

そんな時のためにも、予防法も念のため覚えておきましょう。

まず、乗り物に乗って移動中は、なるべく携帯電話を見たり本を読むなど、

下を向かないようにすること。

また、前の日にはしっかり睡眠をとって、

体調を万全にしておいてください。

そして、空腹だと乗り物酔いしやすくなるので、

朝早くから出掛ける場合も、必ず何か軽く食べておくと良いですよ。

ただし、食べ過ぎもNGです。

もし食べられなかったら、アメをなめたり、

ガムを噛んでおきましょう。

当日の服装は、体を締め付けない、

ゆったりとしたものを着るようにしてくださいね。

車内のにおいも原因になるので、

もし自家用車などで窓を開けられるのでしたら、

換気をしてにおいがこもらないようにしましょう。

まとめ

乗り物酔いをすぐに覚ますには、

氷を口に含むことが有効です。

あまり薬を飲みたがらないお子さんでも、

氷をなめさせれば、簡単に酔いを覚ませられますよ。

乗り物酔いしやすい人はぜひ試してみてくださいね!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク