ソムリエという言葉の由来と動物の深い関係って?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

レストランなどで、

ワインの管理やお客様へ提供を担当する、

専門職がソムリエです。

いわばワインのプロフェッショナル

ということですね。

そんなソムリエですが、

実は意外にも動物が関係しているんですよ。

そこで、ソムリエの由来について

解説していきます。

ホントは存在しない!?
野菜ソムリエっていう言葉の意味って?

スポンサーリンク

ソムリエの語源をまず知っておきましょう。

フランスで、労役や荷物の運搬をする牛や馬など、

動物の使い手を指した『Saumarius』という言葉が、

ソムリエの語源とされています。

13世紀になり、『Saumarius』という言葉が変化して、

労役や運搬用の動物の使い手を、

『Sommelier(ソムリエ)』と呼ぶようになったんです。

元々、ソムリエは王族の旅行などにも同行して、

荷物の運搬を担当する人のことを指してしました。

ところが、いつしかソムリエは、宮廷の食事の毒味や、

ワインの管理をする人を指す言葉に変化していきました。

そして、18世紀にフランス革命が起きて、

王制がなくなってしまうと、

宮廷のソムリエたちは、

町のレストランなどで働くようになります。

これが現在のような、ホテルやレストランで働き、

客の要望に応えてワインを提供する、

ソムリエのはじまりとされているんですね。

つまり元々は、

荷物運び用の牛や馬の使い手のことでしたが、

いつしか宮廷でワインを管理する係の名称になり、

フランス革命が起きたことによって、

町のレストランで働く、

現在のソムリエになっていきました。

ワインのスペシャリストの由来が、

まさか運搬用の動物の使い手だとはかなり意外でしたね。

ところで現在の日本では、

野菜の成分や栄養価、

調理法などの知識を持つ、

野菜ソムリエという資格があります。

でもこれは、

あくまで日本で作られた民間の資格名なので、

海外に行っても、

野菜ソムリエという言葉は通用しません。

ちなみに、野菜ソムリエは以前、

『ベジタブル&フルーツマイスター』

という名称だったんですよ。

これの名称から、ワインのソムリエになぞらえて、

野菜ソムリエと呼ばれるように変わっていきました。

ペットじゃないの!?
意外と知られていないペットボトルの語源と由来

身近にあるものでも、意外と由来を知らない物って、

結構多いですよね。

例えばペットボトル。

飲み物を入れる容器なのに、

『ペット』という言葉が入っています。

この『ペット』とは

一体どんな意味があるんでしょうか?

ペットボトルの『ペット』とは、

愛玩動物ではなく、

原材料に使われている物質の頭文字なんです。

その物質とは、

『ポリエチレン・テレフタレート』

という名前で、

頭文字は『PET』。

つまり、『PET』から作られたボトルだから、

ペットボトル、という名前が付けられたんですね。

動物のペットとは全くの無関係でした。

ちなみに、ペットボトルって実は、

和製英語なんですよ。

そのため、英語でペットボトルは、

『プラスチックボトル』と呼ばれます。

英語圏の国に行った時に、

ペットボトルと言っても通じないので、

注意してくださいね。

まとめ

もともとソムリエは、

馬や牛を使って、

荷物の運搬をする人

のことを指す言葉でした。

時代が変わるにつれて、

宮廷でワインの管理をする係の名前になり、

やがて町のレストランで働くようになったんです。

ちなみに、ペットボトルのペットとは、

原材料の物質

『ポリエチレン・テレフタレート』

の頭文字が由来です。

普段何気なく耳にしている言葉でも、

由来を知ってみると、

なかなか面白いですね。

もし他に由来が分からない言葉があったら、

是非どんどん調べてみてくださいね!

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク