生活の知恵

人に聞けない!癌で入院している友人への妥当なお見舞いとその金額

ある日突然、友人が「癌」であるということを聞かされ、

ショックを受けた経験があります。

色々な病気がある中でも「癌」というだけで

精神的に滅入ってしまうと言っていました。

 

友人はとても明るい性格でしたので、

お見舞いに行っても元気に振舞っていました。

 

友人のお母さんが、

 

「あんなに元気にしているけど、

○○さんが帰るとぐったりしちゃってね~。

精神的にも肉体的にもしんどいのよ。」

 

と話してくれました。

 

弱い自分を見せたくなかったのか、

私に気を使ってくれたのか、

友人にそんな事を考えさせてしまった自分が情けなかったです。

 

 

必ず見つかる!頼りにできるあなただけが癌の友達にできること

スポンサーリンク






 

友人だからこそできる事ってありますよね。

 

なかなか口にして言えない事も、LINEなどを通して、

 

「いついったらOK?」

「何か欲しいものある?」

 

と、些細な事でも聞いてあげると、嬉しく感じてくれます。

 

先の話をするのも元気がでます。

 

「退院したら○○行かない?」

「○○っていう新しいお店できたんだって。今度行こうね。」

 

など、未来の話で先に希望を持つ事も、

精神的な支えになります

 

毎日お見舞いに行ってあげたいですが、

自分の仕事の都合や友人の体調の配慮もあり

無理ですよね。

 

そんな時は手紙を書いて渡すと、

大変喜んでくれます。

 

気持ちが落ち込んだ時に読み返す事で

励みになるのです。

 

手紙でしたら、

会えなくても繋がっているように感じられますよ。

 

私は絵を描くのが好きでしたので、

友人のイラストや大好きな猫や、

面白おかしく「なにこれ?」

といったイラストも描いたりしていたので

喜んでもらえました。

 

あまり長居は禁物なので、たわいもない話をして

「また来るよ!」

と言って帰りました。

 

帰りがけに、友人のいない場所で

家族の方に近況の症状を聞いていました。

症状を聞くことで、

友人のつらさを共有したかったのかもしれません。

 

 

経験者が語る!抗がん剤の治療中にもらって嬉しかったプレゼント

 

それでは実際に、お見舞いって何がいいの?にお答えします。

 

①水

ミネラルウォーターは薬を飲んだりしますし、

乾燥している病室には必需品です。

 

院内での購入は意外に割り高ですし、

水は重いのでとても喜ばれます。

 

500mlのペットボトルですと飲みやすいです。

入っていた箱などは捨ててあげてくださいね。(忘れがち。)

 

②テレビカード

お見舞い品に思いつかないですが、

入院中には必ず使うアイテムですので

喜んでもらえます。

 

③パジャマ

毎日着るものですから肌触りの良い物を選びましょう。

女性でしたらかわいいもので

明るくやさしい色をチョイスしてください。

 

④タオル

枕カバーに使うなど、色々と用途のあるタオル。

色はカラフルなものでもOK。

速乾・ドライタイプは洗い換えに重宝します

 

⑤雑誌または本

読みたいものをリクエストしてもらってください。

横になった状態でも読めるものをお勧めします。

友人は好きなアイドルの写真集を

穴が開くほど見ていたそうです。

 

⑥好きな音楽

眠れない時に音楽を聴いているとリラックスできます。

好きなアーティストの曲やリクエストを聞いて

編集してあげましょう。

⑦スリッパ

意外にも消耗品のスリッパ。

汚れがすぐつくので長期入院には替えがあると嬉しいですね。

案外床が滑りやすいので、裏はゴム素材がお勧めです。

 

⑧靴下

冬場でしたらモコモコした靴下は重宝します。

色のかわいいものが良いですね。

 

⑨上着

冬場などに上着は必須アイテムです。

検査や売店に行く時に重宝します。

一緒にストールなども良いですね。

 

⑩帽子

抗がん剤治療で髪の毛が抜けてしまうので、

おしゃれな帽子をプレゼントしてあげましょう。

ニットだと肌が弱い人はかゆくなるので気をつけてください。

 

⑪お菓子

基本的にはダメなのですが、

何か食べたいお菓子ある?と聞いてみてから購入しましょう。

意外にガムが良い人もいます。

「無」になれるというか、気晴らしになるということです。

 

⑫保湿クリーム

乾燥する病室では必要ですね。

無香料が良いです。

⑬お金

正直とても嬉しいということですが、

家族の方に相談して渡すと良いでしょう。

色々とお金がかかるのは事実ですから嬉しいと思います。

ただ、あまり高額なのも気を使わせてしまいますので、

「○○(テレビカードや洗濯など)代に使って。」

と気軽に渡すのが良いでしょう。

友人だからこそ気を使わせない配慮が必要です。

 

 

❤ 最後に ❤

友人はおかげさまで退院できる事が出来ました。

 

「ぶっちゃけ、長期入院になると

だんだん人が見舞いに来なくなる。」

 

と言っていました。

 

病気が病気なので、皆さん配慮していたと思いますが、

「現実はそうだよね。」

と少し寂しそうに呟いていました。

 

私は病院と家が近く比較的時間があったので、

友人と連絡を取りながら病室に行ったり、

手紙を置いていったりするようにしていました。

 

今はお互い違う土地で生活しているのでなかなか会えませんが、

また何かあったら手助け出来たらいいなと思います。

 

お見舞いをしにいく人がいる人に参考になればうれしいです。