知って安心!法事の服装、女性編。平服でお越しください??

アドセンス本文上

スポンサーリンク

法事というと服装で悩むことがあります。

また、地域によっては厳格なしきたりがあったりして、

なかなか難しいものです。

女性の場合はどんな服装なら失礼にならないのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

女性の法事の服装の種類とは?

法事の席で女性が身に着ける装いは3種類あります。

正礼服…

葬儀や一周忌の法要に親族の着る最も正式な装いのことです。

礼服とよばれるブラックフォーマルのスーツや

ワンピースのことを指します。

告別式より先、49日や35日法要などの場合は

正礼服と呼ばれるブラックフォーマルが無難です。

準礼服…

告別式やお通夜、一周忌までの法要で親族以外が着ても良いとされるものです。

シンプルな黒いスーツやワンピースであれば、

フォーマルでなくても大丈夫です。

ただ、すこし不安があるようであれば、

正礼服をおすすめします。

略礼服…

急なお通夜や弔問や三回忌以降の法事で、

派手にならないシンプルな装いです。

仕事の途中で急遽、行かねばならなくなった場合は、

ストッキングなどを履きかえるなどで対応したいものです。

スカートスーツ、ワンピースが基本ですが、

アンサンブル、パンツスーツでも良いですよ。

基本は黒ですが、紺、濃いグレー、濃い茶色なども大丈夫です。

また、「平服でおこしください」と言われた時は

こちらの略礼服の装いを選びます。

小物についての注意ですが、

靴やパンプス、ストッキングは基本的にです。

また、サンダルやミュールのような

肌の出るものは良くないとされますので避けましょう。

略礼服の時は、濃い色でシンプルであれば、

黒以外のストッキングも着用できます。

このように、法事にも種類があり、

その時々で装いも変化しますので注意しましょう。

法事の服装のマナーでは小物にも注意!

女性は持ち物にも気を配ったほうが良いという風潮があります。

バッグ…

基本は黒。光る金具が付いていないものが好ましいです。

シンプルなリボンなどのデザインは付いていても良いですよ。

アクセサリー…

結婚指輪はOKです。

イヤリングとネックレスは、真珠またはオニキスなら大丈夫です。

ネックレスは一連のものに限るため、派手なものは控えましょう。

髪飾り…

基本は黒でシンプルなものを選びます。

その他…

冬場にはコートを着用することもあります。

その場合は毛皮や皮、アニマル柄のものは控えましょう。

動物関係は殺生のイメージになります。

まとめ

法事の席に派手なおしゃれはしていきません。

装いは故人への気持ちの表明でもありますから、

気をつけたい部分ですね。

法事は大切な行事です。

親族でも、親族以外の方でも故人を悼む場になります。

失礼のない装いで落ち着いて参加したいですね。

投稿記事下アドセンス
スポンサーリンク